2010年1月31日日曜日

1月30日

出席11人
晴れてよい天気でしたが、気温は低い一日でした

ちょっとマジメな話をしましょうか
十人以上の人間がいれば、全員が同じベクトルを持つのは不可能
目指す方向が違う人もいるだろうし、方向が同じでも注ぐエネルギーが小さい人もいる
ひとりひとり性格だって違うしね

いちばん差が出ると思うのは、立が終わって自由に射込んでいる時
ここで「寒い」とか「どこそこが痛い」とか理由をつけて的前に立たない人は、危険信号というか、やっぱり長続きはしないと思う

弓道部である以上は、弓を引くことが楽しいと思わなければ続かない
仲間が好きっていう理由で続くこともあるけど、でも、それだけじゃ無理だよね
そういう人は、バイトとか学校の友達とか他の趣味の方が楽しいと思えばそっちを優先するだけのこと

ボク自身は、学生の時にはすでに「弓とはずっと離れられないなぁ」と思っていた
といって「一生付き合うぞ!」という決意表明をしたわけではない
自分自身に言い聞かせる必要もないくらい、ごく自然にそういう予感があった
好みにあっていたということもあるし、弓の楽しさを教えてくれる先輩にも恵まれた
つくづく運命的で幸せな出会いだったと思う

繰り返しになるけれども、だからといって、全員がボクと同じように弓が好きになるとは限らないし、それを強制することもできない
「もっと他にやりたいことがあるんです」と言われれば、「そちらの方をお選びください」と答えるしかない
「弓の楽しさを伝えることができずに申し訳ない」という後悔も幾許かある

誰にでも夢や目標がある
それを達成するためには、楽しいだけではいられない
辛いことも苦しいことも我慢して乗り越えなければならない
ボクにとって弓は、その苦労をするだけの価値があるものであったし、これからもそうだろう

また来年、おそらくは新しい子が入ってくるわけだが、その子たちに夢や目標を抱かせるのは
先輩のもっとも重要な役割であろうと思う

OB ヨコヤマ

2010年1月24日日曜日

練習と買物

よく晴れて冬らしい空
授業が終わったということで、春休み期間中は午前の練習になります

うちの射場、午前中はまったく日があたらない
唯一、看的が影の切れ目なので太陽エネルギーを充電する
火鉢が欲しいです

一射一射に課題をもって的前に立ってほしい
射に対する反省と研究がなければ同じところに外す射を漫然と繰り返すのみになる
これではいつまで経っても的中率はあがらない
自分の射を分析して、どうすれば中るようになるのかを考えてほしい
注意を受けたなら、それを強く意識して次の射に取り組んでほしい

練習後はヨーカドーのフードコートでご飯を食べて
宗・菅野・花澤・横山で山武弓具店へ

部活用の弓を一張求める

いくつかグラスの弓を出してもらったが
凛 並寸 13kg 57,000円也
に決定する

これは、札幌の寺内弓具さまが作られている弓ですね
同弓具店のシリーズでは「粋」「翔」は引かせてもらったことがあるが、「凛」は初めてだ
まだ新しいブランド(2~3年前だったかな?)なのである

とにかく軽い。弓力が弱いという軽さではなく、弓自体の質量が小さい
ぱっと持った感じでは三割くらいは軽く感じる。どんな技術で実現しているのか
これは女子向けにはよいのではないかと思われる

もちろん実際に引いてみなければ善し悪しはわからないが、たまには小山系以外の弓を試してゆくのもよいでしょう

2010年1月10日日曜日

ミーティングなど

寒い練習だった
太陽がほしい。住友ビルの上半分がなければ陽があたるはず
ゴジラが来て破壊してくれればいいのに

練習後はミーティングを2時間ほど
業務分掌や今後の運営方針などを話しあう

もっとも大切なことは「理念を掲げる」ということ
弓道部が何を目指すのか
部が存在する意義とはなにか
何を求めて人が集まるのか
後世に残すべきものは何か
これからの3ヶ月間でそういうことを考えていきましょう

行動理念が確立して初めて目的や目標を定めることができる
例えば
「我々は基本に則り、射法・射技の向上に務めます」という理念を掲げたとすれば
どんなに的中率があがっても我流では理念に反するので認められない

あるいは
「我々は自主的に考え行動します」という理念があるとすれば
ひとりひとりが、指示を待たずに自分の役割分担を考えて部に参加することが必要になる

理念を制定するとか、年間計画をたてるとか、わりと高度なことかも知れません
多くの部活はそこまでのことをやっていないかも知れません
しかし、うちの部員にはそれをやる能力はあると信じています